協会事業内容 Career Content

遊学

近年、世界各国の学校の教育が悩みなどあります、例えば、中国では子どもの勉強の負担をいかに減らすかが、教育部門や親たちの主な関心事となっているが、実際には子どもたちの勉強の負担はむしろ増えており、幼稚園から勉強を強いられていると指摘されました。

日本の学校では、教育方針について「1、2年生では生活科や図画工作科があり、3、4年生では社会科や総合的な学習の時間があり、5、6年生になると料理や裁縫も学ぶ」と新聞など紹介し、こうした授業を通して子どもたちの総合的な素養を育て、それぞれ異なる長所を伸ばすと論じました。 

また、給食も中国とは異なっていると紹介。「中国では大食堂で食事を受け取り食べるケースが多いが、日本では給食当番が食事を取りに行き、クラスメートに配る方法」とし、「こうすることで、子どもに責任感を培わせることができる」とした。 

さらに、登下校の様子も中国とは違うと指摘。中国では保護者が送り迎えすることが一般的だが、日本では小学校に入ると自分で登下校するが、これは「日本の治安が良いため」で、「幼い時から自立心を育てることができる」とその利点を説明した。 

このほか、万が一、子どもが登下校の際に悪い人に出会ってしまった場合に備え、駅などには緊急避難所が設けられていることや、子どもたちも防犯ブザーを携帯していることを紹介。「こうした措置が取られているため、子どもたちは放課後に友人と遊ぶにしても、親は特別心配することはないのである」と伝えた。 

「日本の小学校教育は子どもの総合的な素質を向上させることに重点を置いており、自分に合った科目や好きな科目を自分で見つけられるようになっている」。様々な日本の教育方針に面した中国側がすごく興味があり、ぜひ一度日本の学校と交流し、中国の学校教育を改善しょうと考えられます。

そこで、中国側の学校が我が社団法人を通じて、日本の学校の訪問することが一つの業務内容として、やらせて頂きました。

新着情報 NEWS

​2019.01.28

​お知らせ

プロジェクトPROJECT

微信图片_20190131112329.jpg

​2019.01.26

​お知らせ

​2019.01.24

​お知らせ

​2018.08.26

​お知らせ

​2018.10.24

​お知らせ

亜美の花.jpg

Copyright(C) 一般社団法人 アジア青少年文化交流促進協会 All rights reserved.

一般社団法人 アジア青少年文化交流促進協会

〒460-0002
愛知県名金山2-8-10ドリームマンション203

TEL:052-887-6976

FAX:052-887-6976